日々新たに

fuyou1384.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

あの日の葛西臨海公園で

a0075819_1621930.jpg

                   生まれたてのてんとう虫さん、菜の花にとまれ!
この日、菜の花越しに見える東京湾の海は平和でおだやかにきらめいていました。

大地震の前、お昼頃のことです。それから私たちは葛飾臨海水族館に行ったのでした。

a0075819_22145924.jpg

ここで私たちはあの地震に遭遇したのです。
                              (これは以前撮ったもの)
by fuyou1384 | 2011-03-28 16:30 | 暮らしの中で

小さな水仙、

a0075819_10404325.jpg

庭の隅の日蔭に一点陽が射したかのような印象がありました。
今年は群れて咲いています。日蔭に強い子はなんだかかわいいです。
by fuyou1384 | 2011-03-22 10:50 | 小さな庭で

東日本大地震4

あの日から10日が経って、市原のコスモ石油コンビナートの火事は今日やっと鎮火したそうです。
でも福島の原発の事故はまだまだこれからも長く続く国難とも云え、国民の暮らしかたを変えざるを得ない出来ごとです.
計画停電は夏も冬も続くらしいから、交通事情も今までとは違うし産業構造も変わるのではないでしょうか。
仕事を持たない私だって外出の仕方や食べ方、住まい方などいろいろ工夫して今より小さく暮らすことになるでしょう。みんなが進んで少しづつ生活の不自由を受け入れることで苦しい時代を乗り越えたいです。被災した方々のことを考えたらなんでもないことだと思うのです。

私の住む近くの小学校2校でも避難される方々を受け入れることになりました。
そろそろ桜も開花するころです。暖かい日差しの下でいくらかでも心和む時を過ごしていただけたらいいのですが・・・


a0075819_1529163.jpg


a0075819_15295993.jpg

by fuyou1384 | 2011-03-21 15:35 | 暮らしの中で

エスコルチアと言います

a0075819_1740395.jpg


a0075819_17413197.jpg


地震の前に出会いました。小さな花菱草・・・・エスコルチアという名でした。
by fuyou1384 | 2011-03-20 17:46 | 花を撮りに

東日本大地震3

京葉線の下をくぐり、高速湾岸道路の上を渡ると道の角に警官が立っていました。
「この道行くとどこに出るのですか?」
「まっすぐ行って左に曲がると西葛西です。東西線の・・・・」
「そうですか、東西線の・・・でもきっとしばらくは動かないでしょうね」
別れたお仲間や先生はまだ自宅には帰り着いてはいないでしょう。どこで被災されたか気がかりです。

取りあえず海岸から離れるという目的だけで、みんな知らない道を急いでいます。
9メートルの津波が本当に来るかどうかはわからないけれど、今はこの道を急ぐしかないんですから・・・

夫に連絡がつきません。それが不安だし足が痛くてへとへとだし、カメラは重いし・・・ぶつぶつ言いながら足取りが重くなってきた頃、
「あら、バスが来た!」
という声に目を上げるとそこはちょうどバス停!そしてバスが今到着!
なぜか並んで待っている人はゼロ!
行き先を確かめるとなんと「西葛西」!
「乗っていいですか?」
誰も乗っていないバスにこんな愚問、
だって信じられないくらいいいタイミングだったんですもの。私たちのためにお疲れさん!て用意されたバスみたいでみんな嬉しくて元気になって大ニコニコ・・
「今日は魚座の人、運がいいのよ、私魚座なのよ」
「わぁ、よかったわね、おかげさまでお相伴、ラッキー!」
つづく

Moreつづく(クリック)
by fuyou1384 | 2011-03-18 16:33 | 暮らしの中で

東日本大地震2

3月11日
東日本大地震が起きた日、私は写真教室で葛西臨海公園に行って居りました。
その日の話です。
都立葛西臨海公園は東京湾の一番奥にある人工の浜でディズニーランドの近くにあります。
ウイークディだったせいもあり混むこともなく長閑な春の日でした。
a0075819_0415060.jpg

午前中菜の花や海などを撮ってお昼を食べた後一応解散、希望者だけで葛西臨海水族館に行ったのです。
(上の写真は入口のモニュメント、地震の前)
一回りしてもうこの辺で終わり、というペンギンの水槽近くで、急にくらくら眩暈を感じてそばにいた友の手に掴まった時でした。
激しい音と床の波打つ様子、「早く外へ!」と叫ぶ声に押されて外へ出るともう歩けなくなりました。
柱につかまりたいけど掴まれない、立っていたいけど立っていられない、カメラを抱いて下に座りこみましたが
ころころころがされているという感じです。中ではばらばらだった7人の顔が気づいたらそこに揃っているのがわかり思わずよかった、よかったと手を握り合いました。
やっと立ちあがったら東京湾の向こうの石油コンビナートから黒煙が上がりさかんに燃え始めるのが見えました。これはたいへんなことが起きた・・・
「早く、早く館から出てください!」
誘導されて館外へ出る途中水槽の水が大きく波打ち、濁っているのを見、思わずこの下にあった階の大型水槽が無事であることを祈りました。あれが壊れたら大変です。
葛西臨海公園駅まで7人と歩きましたがそこでもかなりの余震があり街灯などが倒れはしないか怖かったです。途中で耳にはさんだマグニユード8,8・・・という言葉、
「もしか、これって東海地震?」
a0075819_9101024.jpg


Moreつづく(クリック)
by fuyou1384 | 2011-03-17 01:24 | 暮らしの中で

東日本大地震1

このたび東日本大震災に遭われた東北の方々に心よりお見舞いを申し上げます。

家を失い、家族を失ったひとが差し入れの毛布一枚にくるまって避難所の床で横になっている様子を
テレビで見ました。
顔も見えない、声もないその姿からのたくさんのメッセージが伝わってきます。

マグニチュード9、0という我々が出会ったことのない大地震、それにつづいた大津波は想像を絶する10メートルを超すものだったとか・・・・、
そしてその被害が東北の海沿いに500キロも続く規模だなんて、どんなえらい学者さんでも予想出来なかったことでしょう。

悪夢であれば良いけれどこれは現実、厳しい現実です。
それを冷静に受け止めつつ、新しい明日のためになにをするべきか思索しつつ、同じ避難所の人たちのために手に入る食材で料理する人々がいました。
感動です!

その海沿いに原発が並んでいてそこも今大きな危険にさらされています。
関係者はきっと決死の覚悟で昼も夜もなく原発と取り組んでいるのでしょう。なにしろ我々日本人の健康の問題ばかりではないのですから。
世界中の人が固唾をのんでその成り行きを凝視しています。
がんばってください!

 連日テレビで見る被災地の様子、今日ははてしない瓦礫の山に無情な雪が降り積もってきていました。

避難所の人々はガソリンや薬や食品、物資がなかなか届かないことで困っているようです。
私はなにもできないことが心苦しい・・・暖かい家で温かいご飯を食べられる幸せが有り難く思われます。
せめて今は、買いだめはしないでガソリンやペーパー類も節約しながらその分が東北に届けられればいいなと願うのです。そして皆さんのために働けない私はせめて募金で協力したいと思います。
by fuyou1384 | 2011-03-17 00:24 | 暮らしの中で

ネメシアを買いました。

a0075819_21565313.jpg

まだ外は寒いけど日差しは確かに春の気配、青空にも誘われて出掛けました。
花屋さんの店先にはもう春が来たかのような花苗が売られていてます。
by fuyou1384 | 2011-03-10 22:22 | 花を撮りに

ビー玉で遊ぶ 2

a0075819_22534873.jpg


これもビー玉
a0075819_22554613.jpg

by fuyou1384 | 2011-03-09 23:05 | 暮らしの中で

ヒヤシンス

a0075819_104024100.jpg

by fuyou1384 | 2011-03-08 11:49 | 暮らしの中で